土の眼

ライブハウスnanoの店長土龍(モグラ)の日記。
フェイダーつきながら一体何を考えておるのかっ!?
<< あけましておめでとうございます。 | main | 16周年月間再開 >>
【3/4~3/16】臨時休業します。

一番最初に言っておきます。

これは呼びかけではありません。それぞれの選択はそれぞれのものです。

今回の選択における僕の感情や考えについて、ここでは話します。

あと、営業停止は自粛じゃない。メカニズムはとてもシンプルだけど、それに伴って頭の中でグワングワン周り続けたことをツラツラと書きます。「心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」ってやつです。

よしなし事ではないけどな!!

 

ーーーーーーーーーー

先日twitter他SNSにて臨時休業のアナウンスをしました。

周年月間中なのによう。えらいこっちゃやで。

年間で一番売り上げがあがる時なのによう。えらいこっちゃやで。

2月の末にね政府が2週間自粛をなんて言いだしてね、しかも命令じゃなくて、要請って。勝手だなあ。どうするよって。でかいイベントは中止が連続、でも東京マラソンはやる、とにかくオリンピックやりたいのかよ、小規模なイベントは問題ないっしょ、こちとら周年だ、やるしかねえな、よーしマイクグリルを追加で買ってしまえー!なんて。

声明文まで出して、それもいつもより少し拡散されたりして、ああ人に勇気を与えられたかも?なんて思ってて、実際開催したイベントは予定していた集客こそ減れどその精神的な密度は高く、ヴァイブスとしては最高のものだったし、やってよかったあ、皆マスクしてきてくれるし、感染も広がってないなnanoでは、なんて。

 

それが。ライブハウスで感染者がでたって?しかも大阪。政府からの勧告はライブハウスはじめ小規模な密閉された空間で飛沫感染がおこりそうな場所にできるだけ行かないように、だって。やべえ。

飛沫感染…。おもっくそ起こるやん。だって、ステージの上で思い切りこっち向かって唄うやん。お客さんも基本声出すやん。マスクしてや!みんな!手洗いうがいもね!

………って…。

絶対感染するやん?体調悪い人は今回は遠慮してね?って症状出てないけど保菌者のパターンがある?しかも検査できないから実際どうなのかわからない?体調多少悪くっても、ずっと楽しみにしていたイベントが開催となれば何とか行こうとするやん?行きたいやん?でもその人が、仮に保菌者だとしたら、絶対集団感染するやん?だってそれが起こりやすき条件が揃ってる場所なんだもの、残念ながら「事実」として。

 

みんな自分が被害者にならないように気を付けてる。

しかし、大事なのは、自分が加害者になる(加害者である)可能性がある、ということ。

もし保菌者の方が「やっぱいきたい!」って来てくださって、その後集団感染が発覚したとしたらその人その後どうやって生きていくの?罪の意識を背負ったまま?さらにその場所がnanoだったら?nanoでイベント開催したことそのものが加害者ってなったら?ってかなるでしょ。感染者が出たとして、これは中止声明のなかでも触れてるけど、その人が家族に移しちゃったら?ってか絶対移ると思うんだけど、その家族が重症化しちゃったら?こわっ。加害者になってしまう可能性、そうなったときの状況、そんなもの背負いきれません。

うちに来る人たちに、そんな気持ちを味わってほしくない。それ以前にそんな状況になってほしくない。

その大前提がnanoでのイベント開催なら、イベント?おお、飛ばしてやんよ。心配な人、安心してよ。大丈夫かな?大丈夫だろ!?と言い聞かせてライブを敢行しようとしてくれていた皆、その一抹の不安を一度消そうよ。で、またやろうよ。

延期だ!中止じゃないよ!全く同じメンツでまたやろ!何月になっても「16周年月間」ってタイトルは絶対付けるから!

 

でも。

やりたかった。当たり前だけど。これが僕の生業だし。僕の生きざまの表現だし。それをやらないってどういうことか皆なら簡単に想像できるよね。

渾身のブッキングだってあったし、長く時間かけて作って来てくれたレコ発だってあったし、活動休止前の最後のツアーだってあったし、ソールドしてたイベントだってあったし、平日のブッキングでも出演者もお客さんも全員が楽しみにしてくれてるイベントばっかだった。

一時休店するから延期しますって連絡を順番にしていった。もう、ごめんしかなくって、悔しくって、でも自分の中では最良の選択だって言い聞かせて、でも悲しくって、この連絡を受け取った時の向こうの気持ちを想像して、想像しきれなくて、その悲しさがでかすぎて、僕には受け止めきれなくて、溢れて泣いた。泣きながらメールやLINEを送ってた。泣きすぎて疲れた。

皆は、かっこいい返信をくれる。

「モグラさんとまーこおばちゃんが決めたことでしょ?従いますよ」

「悔しいけど、本当に素晴らしい選択です」

「改めて好きになりました」

「尊敬します」

「大変だろうけど頑張ってください」

「謝る必要ないですよ」

とか。

でもさ、やりたかったやん。絶対。俺と同じくらい、それ以上か?いや、俺だって負けねえ。この際同じくらいでいいだろ。

それなのに、こんな返信くれるやん。「なんでやらへんねん」なんて誰も言わない。

あのね、世間のライブハウスとかミュージシャンとかをバッシングしてる人たちね、それがすべて感染者・感染元だって決めつけて罵詈雑言を浴びせ差別みたいな行動取る人たちね、お前らなんかより、苦渋の決断を強いられるライブハウスの人間やミュージシャンの方が、ずっと大人で、ずっと愛があって、ずっと優しくて、ずっと人の話を聴ける人間だからね。お前らまじで人間じゃないよ。お前らデビルマン読めよ。ああはなりたくないって絶対思うよ。魔女狩りのウィキペディア読めよ。なんてくだらないって絶対思うよ。今のお前らそれと同じだからね。まじファック。

 

いつだってはみ出し者だったじゃねえか!なんてツイートも見かけます。それを言えるミュージシャンはかっこいいよ。

でも「はみ出しものたちの遠い夏の伝説が廃車置き場で錆び付いてる」のも知ってる。

それを観てかっこいいなって思うだけじゃイヤなの。それをみんなにみせたいの。聴かせたいの。啓蒙したいの。

だから!ライブハウスやってんの!普通にお金払えば、素晴らしい作品にいつでも出会えるライブハウスやってんの!

 

不良のたまり場みたいになってるライブハウスは大好き。そこにいるだけで自分も不良になれた気がしたもの。みんな優しくてかっこよくって、音楽に触れ始めた若い人たちの憧れの場所で、まじで漫画みたいにかっこいい。

 

でも、そういうライブハウスはnanoが始まった時にはもうあったの。いくつも。違うタイプのライブハウスがあってもいいやん?所詮僕なんか不良に憧れているだけで不良じゃない。チンピラみたいな恰好で町を闊歩するけど、それは憧れてるだけ。

どこをどう切り取っても根っこが真面目なぼくはライブハウスなんて似つかわしくないかもなんて思ったこともあるけど、僕は音楽が好き。ライブハウスで鳴らしてくれる音楽たちのことがたまらなく愛おしい。

それを知ってほしくって、好きになってくれる人を増やす場所が僕にとってのライブハウス。不良のたまり場でになろうが、いいこちゃんの集まりになろうが、社会人の社交場になろうが、年配の方の寄り合いになろうが、なんでもいい。そこに鳴る音楽を皆に知ってほしい。(勝手な行動だとおもうよ。その作品を出すミュージシャンからしたらね。でもさ、ええやん。お前たちあなたたちの音楽が知ってもらえる場所やねんで?最高やん。)

だから、世間とライブハウスの間にある垣根を下げたいってずっと言ってきた。

 

それが今、すんごい全然関係のないところから上げられてる。辛い。でも、そうなるには理由がある。それが今回の「事実」だ。

じゃあ、その「事実」を受け入れることから始めようというのが今回の行動だ。

僕らは大人だ。意地になってるところもあるな。子供かな。でも、大事なものを守っていく、大事なものを今後も人に伝えていくために、今までやってきたことと真逆の行動をとった。それができるのは、選択肢の幅を増やせてきた大人だ。きっとそうだ。へへん。

 

営業停止を発表したのが4日。16日までの停止。

その根拠何よ?って思ってるだろうけど、正直放棄できる売り上げは半月が限界ってのもあるが、この2週間弱でライブハウスで集団感染が減れば、先日の大阪での集団感染以降でなければ、ワクチンもまだできていないけど、ライブハウスに出る人、来る人、やってる人の感染予防への意識がより高みにいけば、この期間で、少なくともライブハウスでの感染におけるピークは過ぎるはず。(他の業種の場所はそれぞれでどうピークをやり過ごすかそれぞれで考えてくれ。)

事実、5日になって、nanoの発表を受けてか受けずか、シンクロニシティ的にかわからないけど、営業を一時停止するライブハウスが新たに出たり、大規模でないライブハウスレベルでのイベント中止・延期が発表され始めている。

僕らがやりたいことを再び始めるために、事態は好転し始めている。

 

オカルトな締め方は嫌いじゃないけど、くだらない。

でも今は、更なる好転を祈るしかない。←イマココ!

 

 

ですな。

駄文だね。読んでくれてありがとう。

最後に臨時休業のお知らせの文面も改めて載せておきますね。

 

そうだ、最後に。

営業を止めるなんて選択肢が一切なかった僕らに「閉めましょう」と提案したまーこおばちゃんはやっぱすげえなって思いました。

かなわないわ。ありがとう。

 

ーーーーーーーーーー

【感染拡大を受けての臨時休業のお知らせ】

京都livehouse nano店長の西村(モグラ)です。
nanoは現在16周年月間中。こんな長い間営業を続けられてきたのは、ライブを見せてもらえる出演者の皆様、遊びに来て下さるお客様の皆様、営業に理解を示してくださる近隣住民の皆様のおかげです。
ありがとうございます。

さて。
3月16日(月)までlivehouse nanoの営業を自主的に停止します。
延期(予定)公演の一覧は画像をご覧になってください。

悩んで悩んで出した結論です。
ライブハウスという場所の在り方やミュージシャンやDJの心意気など、大事にしたいものはたくさんあります。
今の世間のライブハウスへのバッシング、その出演者へのバッシングには本当に腹が立ちます。何も知らないくせに、と。
今までこちらが世間に向けて開こうとしていた門戸を、こんなメディアの過剰なやり方で閉じられていくのは本当に悔しさしかありません。

しかしながら、今現在、ライブハウスという場所で集団感染が起き、今回のウィルスの性質上ライブハウスに限らずそういう密閉空間の中でそれが起きやすいのは事実。

当初、感染予防の姿勢が大切だ、とマスクの着用や消毒の推奨・マイクグリルのまめな交換などできる限りの行動でなんとか周年イベントを開催し続けようと心に決めておりました。
が。もし感染者が出たとなり(その可能性をゼロにするのは難しいと踏んでおります)、自己責任ならともかく、それで済まないのが感染症の恐ろしいところ。仮にご家族に感染し、仮にそれが重症化し、仮にそのご家族が亡くなったとしたら…。そんなもの背負いきれません。それ以前にそんな事態を迎えたくはない。
そうなったとしたら、どれだけ良い夜になったとしても、「あのときやってよかったな」なんて口が裂けても言えません。それに、nanoが開いてきた門戸は完全に閉じてしまう。

そんなことを昨日の夜スタッフ一同と話し合った結果、現状の中で一番の感染予防への姿勢が営業一時停止であると、この結論に至りました。

ライブハウスの世間への門戸は、今回のコロナ騒動以前もまだまだ開いていたわけではありません。
でも、それを周年その他にまつわる自分たちの意地を張って(他ハコやミュージシャンに対してそのようには決して思いません)さらに閉じようとするくらいならこの約2週間の売り上げを放棄します。

僕はライブハウスという場所と、そこで鳴る最高の音楽と、それを鳴らすミュージシャンやDJと、そこに集まる人たちのことを愛しています。
それ故の行動だと思ってもらえれば幸いです。

出演を予定されていたミュージシャンやDJの皆様、来場を楽しみにされていたお客様の皆様、その気概や、その期待に応えることができずに本当に申し訳ございません。

 

livehouse nanoより愛を込めて

店長 西村雅之

 

| MC土龍/土龍店長 | - | 09:32 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:32 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
異邦の騎士―名探偵・御手洗潔最初の事件
異邦の騎士―名探偵・御手洗潔最初の事件 (JUGEMレビュー »)
島田 荘司
御手洗潔シリーズの中ではやはりこれが一番。ミステリー好きにはたまらないどんでん返し具合が最高です!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE