土の眼

ライブハウスnanoの店長土龍(モグラ)の日記。
フェイダーつきながら一体何を考えておるのかっ!?
<< 15周年月間 | main | いつまでも世界は…終演と退院と今後。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
入院と5月26日のいつせかメイン司会者MC土龍休業のお知らせ

入院しています。月曜の朝から。昨日にツイッターに上げたのでご存知の方も多いでしょう。さっそくたくさんのお言葉頂き感謝しています。

日曜日の朝起きた時から少し熱っぽいなーから始まり、月曜朝には9度近く、即病院即入院でした。検査の結果一先ず大ごとになりそうな病気ではないが、最終の検査結果が出るまで様子も見つつ絶対安瀬で生活をして欲しい。「やば」と思った瞬間には「空いてる部屋あるから」と告げられていました。

nanoの営業に関すること始め、多方面の方々にご迷惑をかけてしまい、大変に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

先ずはお知らせなのですが、5月26日開催の「いつまでも世界は…第8回」のMC土龍をお休みします。

 

 

意外に早く退院できるかも?と思ってはいたんですが、無理はしたくはなく、おそらく早くて土曜の退院になります。それもほぼないマックススピード。糖尿持にそんなスピードあるはずがありません。(9年ほど前の盲腸の手術後に「早く仕事したい」とごねたら「頑張って来てください!」とばかりに通常より3日ほど早く退院させてくれたものの速攻お腹の中の傷開いて再入院、結果2週間入院が伸びた。)

無理は禁物、お前はおっさん、免疫の低いパリピってことで、かなり考えたのですが結論は急いだほうがいいといつせかのメイン司会者をおやすみすることにしました。

毎年何をするかというと、30弱ある会場をほぼすべて10分〜25分刻みで回り、その時間帯のライブ前に前説を入れ「各会場・お客さん・ボランティアスタッフへのお礼」「いつせかオフィシャルからのお知らせ」「ライブスタート直前のエビバデ、アユレデ?」などをはっきりとした口調でステージで伝えます。けっこう評判もよく、「わ!今年はモグラさんに会えた!」「縁起いいっすわ」なんて言ってもらえたり。

でもこれ、さすがに疲れんすよね。(疲れたことないけど)もちろんその分、最後ブリッツ終わりの締めのMC後とかすげー達成感あるんすけど。(疲れたことはないけどね)

来年無事参加出来たら2周したろかな!!!

でもいつせかは開催しますよ。26日の日曜日。。当日の気温は30度越えの真夏日になるとか。最高じゃないですか。街をぐるぐるまわって楽しんでくださいね。あ!楽しむのは最高だけど、呑み過ぎたりで町をごみで汚したり泥酔し道に転がっている姿を街を闊歩する人に見られ「結局ミュージシャンなんて」とか思われないように(どうせ思われるけどw僕らのハードルは思ってるより高い!昼間から酒飲んでるだけで「大丈夫かしらこの人」とか思われるしw)!

まあ、別に僕はいつせかを所謂「町おこし」のために手伝ってるわけじゃないし(町おこし的な部分に共鳴して頂いて「この人がいてくれるからこれもできる!」みたいな方もスタッフにいらっしゃいます。たとえば新京極商店街の方とか。衛ほどじゃないかもだけど、本当に故井上さんとその遺志を継ぐ皆さまには頭が上がりません。あんたらまじ最高)、飽くまで僕個人は京都の町を面白くしようぜ!なんて特に思ったことがない。ただ、主宰のシックスブリッツの西島衛の「音楽がこのまま忘れられてしまわないように、願わくば今よりも音楽好きが増えますように」というとても些細だけどプリミティブな希望の歌を一緒に唄いたくなっただけです。

 

主宰のシックスブリッツの話を。

最近のブリッツはかっこいい。本当に。元々衛君の歌は好きで、バンドでも弾き語りでもかなりの回数nanoにも出てもらってるし、個人的にも良く話すし彼の哲学みたいなものもその変遷もそばで肌で感じた来たことが多い。その表現力が上がってる。確実にこれまでのブリッツの中で一番それができてる。人間の作る作品が黒と白の部分でだけでできてるとしたら、今までのシックスブリッツはフロアをパーティーたらしめる白の部分で、R&RやR&Bの根本にあるブルースたる黒の部分を包んで隠したりチラ見せしたり見せたり時には思い切り見せたり。それが、今は白も黒も同じだけ叩きつけで、それが弾けて混ざってパーン!!ってすんごい倍音と共に鳴って全部焼き払われたような360度開けた地平線の真ん中で唄っているようなそんなバンドになりました。去年からとは全く違う印象です。不思議なもんですね。もう40前なのに。そこから人が変わっていくなんて。

あ、そっか。GEZANのマヒトの言う「焼き払え」ってこういうことか。すげえな、マヒト。かっこよ。Nobody is waiting for me.誰も僕を待っていない。その中で僕が君たちが来るのを待っている。僕はここに立っているよ。

つまり、シックスブリッツは今レベルミュージックになりつつあります。

(そんなマモルくんとは10年後にはラッパが8人くらいいるアフリカンファンクのバンドやろうぜ!と最近よく言います。関係ないか?いやあるな。衛と僕の行きつく先がアフリカンファンクの2トップのバンマスって最高じゃね?説教臭いバンドになりそうだなあ!笑)

 

去年のいつせかのラストへの流れ憶えてます?アメリカ帰りのGEZANからのフロアでエブリタイムトップギアのSEVENTEEN AGAiNからのトリのブリッツ大団円。それを今年はKING BROTHRESからのフロアでKONCOSからのトリのブリッツになっています。退院できてなくてもこの流れだけは見たいなあ。いや、せめて自分がブッキングしたバンドは見たい…。行きたい…やはり。今ドラゴンボールが目の前に七つあれば神龍に「免疫力を霊長類最強にしてください」と願います。間違いなく。

 

とにかく、今週末の26日日曜日、「いつまでも世界は…第8回」開催です!MC土龍はお休みです!ごめんso much!!!!!

 

いつまでも世界は…official HP 

 

いつまでも世界は…第8回TT1

| MC土龍/土龍店長 | - | 07:20 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:20 | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
異邦の騎士―名探偵・御手洗潔最初の事件
異邦の騎士―名探偵・御手洗潔最初の事件 (JUGEMレビュー »)
島田 荘司
御手洗潔シリーズの中ではやはりこれが一番。ミステリー好きにはたまらないどんでん返し具合が最高です!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE